洛タイ投書箱



本当に危機感を持っているのか
2017年11月7日


◆…10月28日付けの貴紙の記事を見て、本当に情けなく思ったのは私だけだろうか?宇治田原町の子供の学力がここまでだとは、文教厚生委員会の方々が言っておられることは、住民の気持ちそのものだと思います。特に学校に行っている子供の親にすれば大変ショックなことだと思います。また、これから入学する子供の親にすればとても心配なことです。
◆…学校をはじめ、教育委員の方々はどのように受け止めていただいているのでしょう。新聞記事からは危機感が全く感じられません。教育長の回答も具体性がなく、通りいっぺんの回答です。学力が高いか低いかでなく、学校として「当然やるべきこと」を言っておられるだけです。本当に危機感をもっておられるのか伝わってきません。今のところ、子供や親には私学に行くこと以外、学校は選べません。また、昨今の状況から塾などへ通わせる家庭も限られています。宇治田原という環境から、公立の学校の存在は大きいものがあります。
◆…回答の中で、保育所・幼稚園との連携はしっかり行っていると言われていますが、どのようにされているのか分かりませんし、実感もありません。しておられたとしてもそれがどのような効果になっているのか知らせて欲しいと思います。
◆…また、学力テストの結果の報告についてですが、私も学校便りを読みました。何を報告されているのか理解ができませんでした。町の予算を使ってされたものなら、しっかり分かりやすく報告するのは当然のことです。
◆…また教育長は「指導力には個人差があり、危機管理意識を共有していきたい」と言っておられますが、個人差で済まされては子供や親はたまったものではありません。学校や先生を選べないのですから。今になってこのようなことを言われるということ自体、危機感がないということです。
◆…本町の地域や保護者の学校への協力は他に負けないと思います。小さな町に指導主事と言われる人が2人、外国人の指導者が2人と、他の市や町よりも充実しているとも思います。なのにです。
◆…高齢者対策や乳幼児対策については数年先を見通した計画等が策定されています。教育についての計画や見通しについては、見たことも聞いたこともありません。作成中です、作成しますに止まっています。小中一貫教育についても学園名が決まったということしか知りません。その内容についても今までと変わったところがありません。子供や保護者、地域には定着も浸透もしていません。
◆…本当に強力に実施されているのなら、この度のような結果にはならないでしょう。またなってはならないと思います。
◆…委員の中には配置転換をといっておられる方もいますが、私は、先生を代えただけで解決するものではないと思います。教育委員会の教育に対する姿勢や熱意を根本的に問いたいと思います。
◆…一貫教育と新しいものへの挑戦も結構ですが、まず、基本的なことをしっかり定着させてからやるべきだと思います。一貫教育が本当にいいのなら他の市町村をはじめ、全国で実施されているはずです。
◆…教育には不易と流行のバランスが大事と思います。
(数年先に入学する子の親より)

投書のインデックスへ
copyright©洛南タイムス
京都府宇治市宇治壱番26  TEL0774−22−4109  FAX0774-20-1417
※このサイトに掲載される記事や写真、その他のデータの著作権は洛南タイムス社またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。