洛タイ投書箱



「太閤堤跡歴史公園事業」に関して一言
2016年 2月 5日


◆…近隣の人たちと話すと「誰が見に行くのかな」と言う人ばかり。市民の関心、期待は低い。
◆…太閤堤の再現提示パネルは来年度と。小さくても太閤堤のパネルを市役所ロビーに展示し、その価値を市民に知ってもらう努力が必要。市民軽視。
◆…「特に宇治茶をしっかりPRするのが大切」とおっしゃいますが、それは茶業団体が主体になって行われるべきもの。
◆…「新規の観光入込客の推計は難しい」と。しかし最低でも維持費がまかなえる収入がないと市民は貧しくなるばかり。まかなうためには何人の有料入場者数が必要か提示していただきたい。
◆…「宇治の将来をここに賭けたい。宇治の未来を買う大きな投資」と。まるで証券マンまがいの発言。されば、この事業がなされれば、5年後あるいは10年後の宇治のイメージを提示して下さい。
◆…フォーラムの場で「史跡の保存は賛成だが、80億円もかける必要はない」という発言がありました。私もその通りと考えます。宇治には立派な歴史資料館があり、史跡はそこで保存し、春、秋には館内外で茶会を催し市民交流を楽しむほうが良いと思うものです。
(紙上匿名)

投書のインデックスへ
copyright©洛南タイムス
京都府宇治市宇治壱番26  TEL0774−22−4109  FAX0774-20-1417
※このサイトに掲載される記事や写真、その他のデータの著作権は洛南タイムス社またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。