京都:山城地方のニュースをお伝えします

2017年6月26日

TODAY NEWS

核のない世界のために
宇城久平和行進

200人が呼びかけ



 核兵器廃絶への願いを込めて国内各地をつなぐ2017年原水爆禁止国民平和大行進(提唱=原水爆禁止世界大会実行委員会)が24日、府南部で展開され、「憲法9条を守り、核兵器のない平和な世界を」と呼びかけた。
 宇治市では、市役所北側の「平和の像」前で午前9時すぎから出発式が開かれた。今年、史上初めて核兵器禁止条約の交渉会議がニューヨークの国連本部で開かれる事を踏まえ、宇城久平和行進実行委員会の本庄豊実行委員長(宇城久地区労議長)が、「平和行進がスタートしてから長い年月がたつ。国連が立ち上がっている中、日本が出遅れてはいけない。今こそ声を上げ、連携して頑張りましょう」とあいさつした。
 宇治市総務部の後藤庸太参事が山本正宇治市長のメッセージを代読、「平和はみんな共通の願い。宇治市も多彩な平和イベントを予定している。参加者の方々も頑張ってください」と伝えた。
 東京から広島まで通し行進を続けている西田重好さん=滋賀県=が「憲法9条をもっと輝かせよう」と話し、参加者から西田さんの首に千羽鶴がかけられた。ほかにも、岐阜県から行進を続けているゲレーロ・サニョさん=フィリピン=、滋賀県から行進を続けている中野猪艶さん=向日市=に千羽鶴がかけられた。
 約200人の参加者が宇治市役所を出発、城陽、久御山を行進し、核兵器廃絶や原発反対、憲法9条を守ろうと沿道の人たちに訴えた。
 大久保で久御山町からの行進と合流し、昼に城陽市役所前で集会を開いた。山城大橋西詰で綴喜行進団に引き継ぎ、平和への願いを託し、たすきをつないだ。【鹿野達郎】
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド

企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権





洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。