京都:山城地方のニュースをお伝えします

2017年3月24日

TODAY NEWS

教え子にキス わいせつ動画
府教委

教頭や教諭懲戒処分



 教え子の女子生徒の胸を触ったり、キスをするなど、また露天風呂の盗撮や女性教員に対するわいせつ行為で、京都府教委は23日、府内の教頭や教諭4人を懲戒処分にしたと発表した。
 府教委によると、中学校教諭A(30代男性、免職)は、昨年8月下旬、学校内で女子生徒の胸を触った。また、9月以降、その女子生徒にわいせつな画像や動画を送らせた。加えて、その女子生徒にキスや身体を触るなどの行為に及んだ。
 女子生徒の保護者が、教諭と頻繁に携帯電話でやりとりしているのを不審に思い、学校に相談し、発覚した。
 中学校講師B(20代男性、免職)は、昨年10月以降、学校内で複数回、女子生徒に対し、キスや身体を触るなどの行為をした。また、今年1月上旬、その女子生徒にわいせつ画像を送らせた。
 生徒の友人が、キスの事実を知らないまま講師に対しキスをしたのかと問い詰めた。講師が、生徒間で自分が女子生徒にキスをしたとの噂が流れていることを校長に相談。当初はキスの事実を否定していたものの、相談しているうちにキスしたことを認めた。
 特別支援学校教諭C(59歳男性、停職6か月)は、ことし1月上旬、府北部の旅館において、女性用露天風呂に入浴中の女性2人を、竹垣の隙間からビデオカメラを挿し入れ盗撮した。
 友人とその旅館で食事をし、食後に友人と別れたあとで行為に及んだ。教諭は23日付で辞職した。
 中学校教頭D(53歳男性、1カ月減給10分の1)は、昨年4月に京都市内で行われた職員歓迎会から帰宅する際のタクシー車内で、同乗した同じ中学に通う女性教員に対し、右肩に肩を回し、太ももを触り身体を引き寄せ、頭を撫で、顔を触った。
 女性教員が11月、生徒指導などで悩み体調不良を起こしたことで、校長が気にかけ相談に乗っているうちに発覚した。教頭は約半年前のことであり、当時飲酒していて記憶になかったため否認していた。しかし歓迎会での様子などを同僚などから聞き、ことし1月下旬に事実関係を認めた。【谷貴生】
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド

企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権





洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。