京都:山城地方のニュースをお伝えします

2017年 4月 22日

TODAY NEWS

求ム、熱き学生消防団員
宇治市消防本部

活動認証制度を導入



 宇治市消防本部(中谷俊哉消防長)は、学生消防団員の就職活動を支援する「学生消防団活動認証制度」を、今月1日に施行した。全国的な団員数の減少、高齢化を受け、消防庁が推奨している制度で、大学生や専門学校生の入団促進を目的としている。

 同制度は、市消防団(勝山茂樹団長)で1年以上の活動実績があり、在学中か卒業3年以内の人が対象となる。所属分団長を通じ認証推薦依頼書を提出、市長が認めると証明書が交付される。これを就職活動で企業に提出することで、地域社会に貢献してきた実績をアピールすることができる。
 また、企業側には高い意識を持った人材確保ができ、事業所の災害対応力の向上も挙げている。周知が進めば、消防団、学生、企業のいずれにもメリットがあるという。
 宇治市消防団の団員数は、393人の定員に対し16年度は371人(17年4月1日現在は376人)。全国的な課題である人数の減少においては、まずまずの数をキープしているが、年齢別に見ると=表1=高齢化は歴然。勤続年数別=表2=が示すように、若い頃から長く活動を続けている人が多いことが挙げられる。
 現在、市消防団に在籍する学生は5人。この制度をきっかけに、若い力の入団を期待したいところだが、あくまで条件は「積極的な消防団活動」だ。消防団とは何ぞや、から始まり、訓練や活動においてさままざまな防災知識を身につけること。それを就職後や日常にも活かせることに、意義を見出してくれる人材に、消防団の活性化を担ってもらいたい。【島田真央】
HOME
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド
企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。