京都:山城地方のニュースをお伝えします

2017年6月26日

TODAY NEWS

ルート決定受け、影響学ぶ
北陸新幹線

敦賀〜新大阪間開通に向け



 北陸新幹線の敦賀〜新大阪駅間のルートが与党プロジェクトチームで決定されたことを受け、24日、「北陸新幹線京都府南部ルートセミナー」(京都府と北陸新幹線京都府南部ルート誘致促進同盟会主催)が京都市下京区の京都リサーチパークで開かれた。
 同新幹線の整備や経済効果などについて理解を進めることが狙い。交通事業関係者など約300人が参加し、会場は満席となった。
 講演では水嶋智国土交通省鉄道局次長が、整備経過や開通の見通しなどを詳細に説明。水嶋氏はルートに「京田辺市(松井山手)付近」と示されたことに関連して、具体的な設置場所はこれからとしながらも、JR松井山手駅が京阪地方の鉄道網・道路網にアクセスしやすいことを図示し、「近畿の交通ハブとして大化けするのでは」と新駅への期待感を表した。また、開通が15年後、加えてリニア中央新幹線の名古屋〜大阪間開通が20年後と見通せることに関して、「長いようであっという間」と語り、まちづくりのスピード感について再認識を促した。
 セミナーでは他に、竹内健蔵氏(東京女子大学現代教養学部教授)が経済効果について、村田芳朗氏(富山県高岡市副市長)がまちづくりについて講演した。【奥井凜】
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド

企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権





洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。