京都:山城地方のニュースをお伝えします

2017年 11月 18日

TODAY NEWS

悲観的に想定 楽観的に準備
京田辺市

防災講演会



 市民の防災意識を高めようと京田辺市は市コミュニティホールで14日、防災講演会を開いた。市制20周年記念事業。参加者は大震災から得る教訓に、熱心に耳を傾けた。
 市民や市職員約150人が参加。兵庫県立大学大学院・減災復興政策研究科長の室崎益輝氏が「正しく恐れ、正しく備える」と題して講演した。
 室崎氏は「悲観的に想定し、楽観的に準備せよ」と話し、「人はとんでもないことは起こらないと思ってしまう悪い特性がある。最悪の場合を想定し、1万年に1回のことでも命だけは守る対策を」と呼び掛けた。
 また、「悲観だけではだめ。被害に対してこうすれば助かるという正しく希望を見出すことも大事」と述べた。
 参加者は過去の大災害の教訓を生かし、事前の備えと構えの大切さを学んでいた。【谷貴生】
HOME
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド
企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。