京都:山城地方のニュースをお伝えします

2017年6月26日

TODAY NEWS

翔英 莵道と初戦
77チームが組み合わせ抽選

太陽が丘開幕戦はすばる対嵯峨野



 7月8日に開幕する「第99回全国高校野球選手権京都大会」の組み合わせ抽選会が24日、京都市右京区の京都外国語大学森田記念講堂であった。本大会に出場する、77チームの対戦カードが決まった。昨年府代表になった京都翔英は、7月13日の初戦で莵道と対戦。同9日の太陽が丘球場開幕戦では、京都すばるが嵯峨野とぶつかる。【盛川振一郎】

 本紙関係では、京都翔英、立命館宇治、東宇治、城南菱創、莵道、城陽、西城陽、久御山、田辺、同志社国際、京都すばるの11校が参加する。
 抽選会には、出場する77チームの主将と監督などが出席した。春季大会で8強入りした龍谷大平安、綾部、立命館、京都国際、京都共栄、山城、京都成章、東山をシード校とし、A〜Hまでの8ブロックに分け抽選。残る69チームの主将が組み合わせ札を引いた。選手宣誓を決める1番くじは西乙訓の木曽田尚也主将が引き、会場内に拍手が起こった。
 府高野連の燧土勝徳会長は「毎年この時期になると、高校野球のスタートを前に世間がザワザワしだす。きょう対戦校が決まり、初戦に向けた最終調整が始まることと思う。体調管理をしっかりして」と話した。そして「部員1人でも欠けたら、チームは成り立たない。自衛を肝に銘じ、身を引き締めて、日々を過ごしてほしい」と言葉をかけた。
 また朝日新聞社の久我誠京都総局長は「これから日を追うごとに、闘志が高まってくると思う。一人ひとりの記憶に残る大会になることを願っている」とエールを送った。
 開会式は、7月8日午前10時からわかさスタジアム京都で行い、開幕試合で京産大附属と大谷が対戦する。同9日には太陽が丘球場とあやべ球場でも試合が始まる。決勝戦は、同25日にわかさスタジアム京都で行う予定。優勝校は、8月7日に甲子園球場で開幕する全国選手権に出場する。



■Eブロック混戦か
 地元勢固まる

 Eブロックに入った、昨年大会優勝の京都翔英は、初戦で莵道とぶつかる。注目の地元勢対決は、7月13日にあやべ球場第2試合で行う。
 また同ブロックに入っている久御山は、初戦で春季大会準優勝の綾部と対戦する。このほか京都すばるも同ブロックに入っており、地元勢の混戦も予想されるか。
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド

企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権





洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。