京都:山城地方のニュースをお伝えします

2017年7月27日

PHOTO FLASH
まんまる団子を手でこねて
きょうの一枚


宇治田原サマースクール
玄米茶の茶団子作り

 第27回宇治田原サマースクールのイベント「玄米茶&三色団子作り」が23日、宇治田原町立維孝館中学校(宇治田原町岩山沼尻)の調理室で開かれ、地域の子どもたちがお茶や団子の手作りに挑戦した。
 今年で27年目を迎えるサマースクールは、すべての子どもたちが豊かな夏休みを過ごせるようにと、宇治田原サマースクール実行委員会(玉田豊実行委員長)が主催し、宇治田原町、町教育委員会、町社会福祉協議会が後援。洛南タイムス社などが協賛している。今年もサマーキャンプや体験教室など盛りだくさんのイベントを用意している。
 今年度第2弾となったこの日、食育の講師として積極的に活動している宇治田原の「まちの名人」、上辻容子さん(55)と息子の直章さん(25)を講師に迎え、親子連れなど大人から子どもまで35人の参加者が手作り料理にチャレンジ。
 玄米茶は、フライパンで炒めた玄米を煎茶と混ぜてお茶を出す。三色団子は上新粉、砂糖の中に水を入れて混ぜ、15分ほど蒸し器で蒸す。蒸しあがっただんごを3つに分けて、抹茶を混ぜたり、きなこをまぶしたり、あんこをのせたりして、色とりどりの団子が仕上がった。
 上辻さんは「地元の特産品を使用することで、郷土への思いを育んでいただけたら」と話し、子どもたちが楽しそうに料理している姿を見ては「子どもたちはかわいいですね」と笑顔ほころぶ。
 参加者たちは出来上がったお茶をすすりながら、おいしそうに団子をほおばり、会場には笑顔があふれた。
 宇治田原小6年生の大石愛里さん(11)は「上新粉と砂糖を入れて混ぜ合わせる作業が難しかった」、佐伯さくらさん(11)は「玄米を初めて見た。焼くとこんがりと茶色になっていくのに驚いた」と新しい発見があったようだ。【鹿野達郎】

読者コーナー
投 書 箱



山城エリアガイド
洛タイ:サーチ
企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



洛タイトップページ

copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109 FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。