京都:山城地方のニュースをお伝えします

2018年8月8日

TODAY NEWS

オイカワを増やそう
宇治川漁協

丸山浜(宇治橋下流)で産卵床作り



 寒バエ釣りで有名な宇治川で、ハエ(オイカワ)を増やそうと7日、宇治川漁業協同組合(澤田章治・代表理事組合長、組合員201人)が宇治橋下流の宇治川右岸「丸山浜」=菟道丸山=で魚が産卵しやすい人工の産卵床を作る作業に励んだ。3年前から着手し、昨年は川の増水で断念した。川の変化を長年見続けている関係者は「豊かな生態系を取り戻し、家族連れが楽しめる身近な水辺環境に戻したい」と話している。

 オイカワは全国の河川に生息するコイ科の淡水魚。オスは産卵期に鮮やかな紅や水色を帯びた婚姻色になることで知られる。日本人にとって身近な固有種の魚で、釣りの対象として親しまれているほか、から揚げやてんぷら、つくだ煮にして食べる庶民の味覚を提供してきた。
 宇治川でもかつては水辺をのぞくと、普通に見られた魚だったが、近年はブラックバスやブルーギルなどの外来種の増殖や河川改修、カワウの影響などで生息数が減少している。
 人工産卵床の造成は、オイカワが漁業権魚種になっている漁業協同組合の義務増殖の一つとなっている関係で組合の事業計画にも採択。宇治川漁協でも府、市とタイアップして産卵床作りの講習会でノウハウを学習。
 流れの緩い丸山浜で上流側に石を置いて流れを弱め、大きな石をくわや手作業で取り除き、約10aの厚さの砂礫(れき)の川底にして、ハエが川底に産卵しやすい環境を整えてきた。
 2年ぶりの産卵床作りには日本リバーサップ協会のインストラクターを務める大西政明さん(52)、健斗さん(28)親子=宇治市宇治壱番=、(有)HOUEIE=宇治宇文字=の社員の4人が協力。3×8b、3×6bの区画で4ヵ所の人工産卵床を作った。
 汗だくで作業に励んだ大西政明さんは「宇治川はサップでも楽しませてもらっている。川に多様な生き物を呼び戻し、多くの人が川に親しむ水辺環境にすることは我々も同じ思いです」と話した。
 「子どもの頃は宇治川の河童(かっぱ)と呼ばれた」と話す副組合長の小山勝利さん(80)は「産卵で遡上してくる落ちウナギ、落ちアユ、そして寒バエの川の風味は宇治川の誇り。宇治川にオイカワを増やし、宇治から京都の川の食文化を全国に発信していきたい」と張り切っている。【岡本幸一】
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド

企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権





洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。