京都:山城地方のニュースをお伝えします

2018年 4月 20日

TODAY NEWS

決意と希望を胸に
宇治市役所

派遣留学生が表敬訪問



 宇治市の国際友好都市、カナダのカムループス市のトンプソン・リバーズ大学に市民留学生として派遣が決まった2人が19日、宇治市役所を表敬訪問した。
 同大学は宇治市からの推薦者を対象にした奨学制度を設けており、市民留学生の派遣は今回で23回目となる。本年度の市民留学生は吉村湧喜さん(21)と山田祥子さん(28)。2人は今月下旬から現地のオリエンテーションに参加し、8月末までの約4ヵ月間をカナダで過ごす予定。
 吉村さんは高知大学人文社会学部3年生。中学時代に同派遣団に参加経験があり、東宇治高校英語コースを経て同大学に進学。身につけた英語力を試してみたいと応募した。今回は大学を休学し挑むという。「ホームステイ先でホストファミリーを含め多くの人と友達になりたい」と意気込みを語った。
 山田さんは勤務先の会社で海外の観光客に京都や宇治の魅力を英語で伝える際、語学力の足らなさで説明が不十分になったことが応募のきっかけになったという。今春で仕事を辞め、渡航準備に入っているそうだ。「語学力アップに専念できる環境で、コミュニケーション能力を伸ばしたい」と抱負を述べた。
 山本市長は「宇治市とカムループス市は25年以上にわたる交流がある。楽しく有意義な留学生活を」とエールを送った。関谷副議長は「留学先は自然が豊かで伸び伸びと過ごせる街。体に気を付けてがんばって」と温かく言葉を掛けた。【冨田太郎】
 

 

HOME
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド
企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。