京都:山城地方のニュースをお伝えします

2018年4月13日

TODAY NEWS

集めたキャップ ボラに役立て
京都翔英高校

生徒発案し福祉活動



 宇治市莵道の私立京都翔英高校(堤清彰校長)は今週から、新年度スタートに合わせてペットボトルキャップを集める声掛け運動を校内で行っている。
 この運動は、同校のフリーアカデミー(FA)クラスの2年生の発案によるもの。生徒たちは昨年の文化祭で、キャップを用いたドミノ倒しを実施。使用したキャップを、福祉活動に利用できないかと考えたのが始まり。
 別の学年が制作した、キャップで描いた大文字山のアート作品での使用済み分を合わせ、先月までで3千個以上のキャップが集まっていた。今回特別に回収箱を設けて数を増やしていき、NPO法人エコキャップ推進協会に送る予定。
 FAクラス学年主任の足達亮祐教諭(32)は、「今回の試みをきっかけに、生徒たちに福祉の精神が育まれれば」と期待を込めた。2年生の森勇碩くん(16)は「僕たちの集めたキャップがむだにならず、ボランティアに役立つことがうれしい」と笑顔で語った。
 FAクラスは、中学時に不登校傾向にあったが学習意欲の高い生徒中心に編成されたクラスで、12年前に新設された。生徒たちは登校する楽しさや人と交わる喜びを感じ、日々自己の変革を目指して学校生活を送っている。【冨田太郎】
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド

企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権





洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。