京都:山城地方のニュースをお伝えします

2018年3月14日

TODAY NEWS

春のセンバツに出場
宇治田原在住の新たなスター

近江高の茨木寿弥くん



 宇治田原町の立川在住で、滋賀県の私立近江高等学校2年生の茨木寿弥くん(17)が、3月23日(金)から兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開かれる“春のセンバツ”「第90回記念選抜高等学校野球大会」(主催=毎日新聞社、日本高等学校野球連盟)出場の切符を手に入れた。
 茨木くんが所属する近江高等学校の野球部が出場チームとして選ばれた。現在茨木くんはチームの副キャプテンを務め、ポジションはライト(右投右打)、3塁のランナーコーチも担当している。
 井手町に生まれた茨木くんは小学1年生の時に宇治田原町立川に引っ越し、「宇治田原ヤンチャーズ」(現オール宇治田原BB)に入団。小学生時代はピッチャーで1番だったという。その後、維孝館中学校に進学し、八幡市にある硬式野球部「京都八幡シニア」に入部、近江高校に進学してからも野球は続け、寮生活をしながら甲子園に出ることを夢に頑張ってきた。
 甲子園出場が決まり、茨木くんは「日本一になるために頑張ってきたので、やるからには優勝を目指したい」と意気込む。現在、チームでは守備力を強化しようとノックを重点的に行っているそうだ。守備からリズムを作って攻撃に移れるよう日々練習に励んでいる。
 茨木くんは「ずっとやってきた野球が一番身近にあるスポーツ。時間があれば野球をやっていたので、野球がなかったら今の自分はなかった。ずっと甲子園に出ることが夢だった」と力を込めた。【鹿野達郎】
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド

企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権





洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。