京都:山城地方のニュースをお伝えします

洛南タイムス福祉事業団

RAKUNAN TIMES


洛南タイムス福祉事業団

 洛南タイムス福祉事業団は、読者や地域の皆様から本紙に寄せられた寄付金で運営されています。事業団宛てに寄せられた寄付金を元に、地域の交通遺児や母子父子家庭の新入学児童への激励をはじめ、地域で行われる様々な福祉関係イベントなどへの後援・支援などを展開しています。



2005年の事業報告
「地裁が泣いた」の記事に泣いた
国民泣かせ時代「貧者の一灯」光る

 毎日新聞4月20日付朝刊社会面「地裁が泣いた」の記事に泣いた。認知症の母親(86)と心中を図り、生き残った息子(54)が、承諾殺人の罪に問われた事件の京都地裁初公判。検察が、被告に有利とも思える異例の冒頭陳述を行った、と報じた。
 昼夜逆転、徘徊の母親を献身的に介護しながらの2人暮らし。受けていたデイケアにも限界があり、職を失い借金を重ね、アパート代も払えなくなり遂に心中を決意。その日、最後の親孝行にと母親を車椅子に乗せ京都市内を観光し、桂川にたどり着いた。
 息子が「もう生きられへん。ここで終わりやで」と言い、母親が「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と応えると、息子が「すまんな」と謝り、母親の首を締め、自らの首を包丁で切った。
 この陳述に、目を赤くした裁判官(54)は言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえた、と法廷内の様子を記事は詳述している。取材をしていた2人の記者も、泣いていたに違いない。
 だが記事を読んで、何ともやりきれない怒りと疑問も同時にわき起こった。母子の生活保護申請は、失業給付金を理由に認められなかった。それがルールならやむを得まい。しかし失業給付金がストップした段階で、生活保護受給の手続きが出来るよう役所はフォローすべきだったのでは。親戚や地域に、この母子を救う機能や機会はなかったのか。
 生活保護を巡っては、長期経済低迷の影響と「格差社会」の拡大で受給者が増加、全国の自治体で、審査が厳しくなりトラブルも生じているとか。
 一方で日本政府は、アメリカがテロに備えた自国防衛機能強化と自衛隊が米戦略の一翼を担うための米軍再編に伴う、アメリカ国内の基地建設費用を含め、3兆円を献上する。今の政府は、国民の命を救う金よりも、アメリカを喜ばす金のほうが大事らしい。しかもその金は、得意の増税と借金でまかなうという。
 日本は否応無しに、血に飢えたアメリカが世界中でまき起こす戦争に巻き込まれる危険が高まっていく。今はまだアメリカは、日本を攻める能力もない遠くの弱小国ばかり狙っているが、中国や北朝鮮にも手を出し始めたら日本は確実に、アメリカを守るための浮沈空母になる。
 こんな時代なればこそ「貧者の一灯」は輝く。昨年1年間に福祉事業団に寄せられた善意の基金。額こそわずかだが、その真心の浄財はアメリカを喜ばすための3兆円よりもずっと値打ちがある。今後とも「1円も無駄にすることなく役立てる」ことを約束して事業報告にかえます。
【洛南タイムス福祉事業団代表・藤本博】


■善意のご寄託者名
 平成17年1月から同12月まで洛南タイムス福祉事業団にご寄付いただきました方々は次の通りです。(敬称略)
  【1月】
カラオケ孝ちゃん、興聖寺、辻多喜蔵、木村仁紀・有美子結婚祝賀会、S主婦。
  【2月】
S主婦、有明カラオケ教室。
  【3月】
元南京都信用金庫本店職員有志一同。
  【4月】
平成16年度宇治鳳凰大学卒業生一同、S主婦、一男性。
  【6月】
龍神総宮社太陽の子ゴルフ会、チェルシー、S主婦。
  【8月】
松下労組宇治支部、長谷川玉枝。
  【9月】
S主婦、滑゙建設工業。
  【10月】
花正生花店・永井岳史、ファミリーマート脇田宇治神明店、ファミリーマート宇治弐番店、宇治市伊勢田学区福祉委員会、やましろきもの綜合教室美幸会、龍神総宮社太陽の子ゴルフ会、カラオケ喫茶かもめ。
  【11月】
城南木材製材組合、城陽ライオンズクラブ、松田寿恵子、久御山町御牧青少年健全育成協議会。
  【12月】
細見忠幸、細見哲也、細見篤史、百寿会(2回)、高木敏雄、中宅正啓、治興・田中治人、宇治神社光明会、らうんじきく長谷川玉枝、片山茂、京都剣誠会、近藤自動車工業梶A宇治けんこう登山愛好会、小林義雄、ベーカリー・タマキ、広野幼稚園・広野保育園、S主婦、渇F治吉田運送、城南荘グラウンドゴルフ同好会、レストラン平和。

■災害義援金を寄託された方々
 本事業団を通して寄託された方々は次の通りです。(敬称略)
【インド洋沖大津波救援金】池田年雄、城陽作業所利用者自治会、宇治田原町商工会、宇治国際交流クラブ、東宇治幼稚園PTA、ケアハウス・ミレー京都住人一同、小西一彰、菜の花会、片野晏弘、城陽市国際交流協会。
【新潟県中越地震災害義援金】西光寺・笠嶋教瑞、広野中学校生徒会、宇治田原町商工会、宇治国際交流クラブ、菟道小学校児童会。
【台風23号による京都府北部災害義援金】宇治田原町商工会。
【福岡県西方沖震災義援金】蔭山くすの木公園協議会。
【パキスタン大地震義援金】財モラロジー研究所宇治モラロジー事務所、菟道小学校5年生、田辺中学校生徒会、西方寺。

■後援・助成事業
◆みんな仲間教室=バザー助成金1万円(1月)
◆宇治市交通遺児励ます会=激励金1万円×11人・計11万円(2月)
◆障害者写真教室=協賛金3万円(2月)
◆宇治共同作業所=施設づくり大バザー助成金1万円(2月)
◆父子母子家庭新入学児祝金=宇治市、城陽市、京田辺市、久御山町、宇治田原町、5千円×84人・42万(2月〜3月)
◆宇治田原サマースクール=助成金5万円(6月)
◆宇治市障害者スポーツ大会=タオル650本(7月)
◆やわた作業所まつり=助成金1万円(9月)
◆京田辺市障害児者スポーツ大会=助成金1万円(9月)
◆城陽市障害者スポーツ大会=助成金5万円(9月)
◆綴喜地区身体障害者卓球バレー大会=助成金1万円(9月)
◆手づくりコンサートきしゃぽっぽ=補助金1万円(10月)
◆山城ろうあ協会=手話劇コンクール大会助成金3万円(11月)
◆障害者週間記念事業実行委員会=記念事業協賛金2万円(12月)
◆こもれび=10周年記念事業助成金3万円(12月)
◆交通遺児励ます会激励金=宇治市、城陽市久御山町、京田辺市・1万円×22人・計22万円(11・12月)


>>2006年事業報告

>>2004年事業報告

>>2003年事業報告

>>2002年事業報告

>>2001年事業報告



山城エリアガイド
リンク&サーチ
商店だより


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
サイトの著作権




洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109 FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。