京都:山城地方のニュースをお伝えします

会社概要

RAKUNAN TIMES

 洛南タイムス社 は京都府南部、山城地方をエリアとするローカル新聞。本社は世界文化遺産に登録される平等院、宇治上神社に近い宇治橋通り商店街の中にあります。
 1946年(昭和21年)12月創業。発行エリアは宇治市、城陽市、京田辺市、久御山町、井手町、宇治田原町の6市町。
 「洛タイ」の愛称で親しまれています。
 紙面はタブロイド版の8ページ〜16ページ。購読料は一カ月円1,250円(郵送2,700円)、1部70円、縮刷版2,500円(一カ月)。




■代表取締役社長  中村 太郎
■本社  京都府宇治市宇治壱番26
■資本金 2,000万円
■社員  20人



洛南タイムスのあゆみ

1946年(昭和21年)12月
戦後の物資不足のなかで創刊。外注謄写印刷、購読料一カ月60銭。半紙判2ページ。

1947年(昭和22年)7月
謄写印刷設備を購入し、外注印刷から社内印刷にきりかえる。

1950年(昭和25年)12月
プレスコード違反で進駐軍により発行停止処分に。印刷機など全て差し押さえられる。

1951年(昭和26年)1月1日
「宇治新報」に題号を変えて発行を続けるが、同年9月、再び進駐軍によって発行停止処分に。当時の発行責任者、中村啓次郎が進駐軍の審問を受けるが、これに懲りずに元大久保村村長、田中房次郎氏の協力を得て、再度「新宇治」に題号を変更して発行続行。

1953年(昭和28年)4月
「宇治田原郷新聞」と合併し「洛南タイムス」の題号を復活。同年10月、活版印刷スタート。

1954年(昭和29年)2月
それまでの半紙大から現在のタブロイド版に発展。

1961年(昭和36年)9月
第二室戸台風による停電被害にもかかわらずディーゼル発電機で印刷、発行を続行。

1965年(昭和40年)3月
宇治版、久世版、綴喜版を発行。

1966年(昭和41年)7月
新社屋完成。

1969年(昭和44年)5月
写真写植機、ハイゼルオフセット印刷機を整備し、CTS化によるカラー印刷新聞を発行。

1972年(昭和47年)12月
法人化、株式会社洛南タイムス社となる。

1973年(昭和48年)7月
タブロイド版オール4ページ化。

1976年(昭和51年)5月
チェコ製印刷機「アダスト・ドミナント724」を購入し、稼動。

1979年(昭和54年)12月
東京機械製作所「BHK24型オフセット輪転印刷機」を稼動、タブロイド版8ページで毎時24,000部印刷。

1984年(昭和59年)1月
カラー表紙の新年号を発行(以後、毎年新年号表紙はカラーに)。

1990年(平成2年)4月
電子組版機を導入。

1993年(平成5年)3月
輪転印刷機を増設、タブロイド版16ページ化を図る。

1995年(平成7年)1月
創業者、中村良一会長他界。

2000年(平成12年)4月
電子組版システムを更新。

2010年(平成22年)10月
カラー用輪転印刷機を導入、稼動。

2012年(平成24年)10月
電子組版システムを更新。

山城エリアガイド
企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権
トップページ



洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109 FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。