京都:山城地方のニュースをお伝えします

洛タイ:イベントガイド
2018年 5月 17日
RAKUNAN TIMES

精細な筆使い パネル絵展示
源氏物語ミュージアム
7月16日まで企画展


 宇治市の源氏物語ミュージアム(西澤久美子館長)で企画展「源氏絵鑑帖パネル展」が始まった。7月16日(月・祝)まで。期間中に作品の入れ替えがある。
 同館蔵の伝土佐光則筆「源氏絵鑑帖」は折本二帖からなる源氏絵の画帖。巻一桐壷から巻五十四夢浮橋までの各巻一場面ずつを収めており、安土桃山〜江戸時代初期にかけての作品とされる。
 パネル展では、約15a四方の色紙状の原本を16倍に拡大して展示。会期を前・中・後期に分け、各期18点で計54点が企画展示室に並ぶ。人物をはじめ、花弁や牛車の流水紋に至るまで精細な筆使いで描かれている。
 担当の坪内淳仁さんは「これだけの数のパネルを一度に見られるのは初めて。源氏絵鑑帖の中身を拡大版でじっくり見てほしい」と自信を持って語った。
 開館時間は午前9時〜午後5時。休館日は月曜(祝日の場合は翌日)。観覧料は大人500円、小人250円。
 なお、7月17日(火)〜9月13日(木)まではリニューアル準備のため休館となり、9月14日(金)から新企画で営業再開する。問い合わせは同ミュージアム(39・9300)まで。【冨田太郎】



山城エリアガイド
企業&商店情報



洛南タイムス
購読申し込み
会社概要
広告案内
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



イベントガイドのトップへ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109 FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。