京都:山城地方のニュースをお伝えします

やましろ企業&商店情報
2017年 7月 29日
RAKUNAN TIMES

現場での注意事項を確認
活、媛工務店・和の会
安全大会で岩崎所長の講演に聞き入る


 城陽市観音堂の活、媛工務店(往見トラ子代表取締役)が28日、協力業者が集まり現場での無事故・無災害、労災ゼロを徹底するための研修を兼ねた「29年度安全衛生大会」を、文化パルク城陽で行い、25人が参加し安全意識を高めた。
 同社では、協力業者との信頼関係が不可欠で、現場での「無事故・無災害」は、信頼しあえる協力関係により築かれるとしている。
 安全大会は、業者が主体性と独立性を持つ『和(なごみ)の会』=寺井恵太朗会長・35社=が運営。現場での安全衛生や年数回の研修や勉強会を行い、現場状況の報告会等で情報交換を行い安全対策を立てている。
 安全大会では、往見社長が「新しい時代を迎えています。今まで通用していた事、許されていた事が通用しない、許されなくなる時代です。建設元請も、協力業者も親方も、職人も分け隔てなく試練の時代です。この厳しい時代を共に乗り切っていきましょう」と注意を喚起する挨拶を行った。
 寺井会長も、自身が発病した「ガン」で、他人や家族の有難さが分かった事、そして入院中の仕事を職人に任し、信頼することを学んだ事などを話した。
 その後、京都労務管理事務所の岩崎弘恭所長が「ガンから身を守る為にどうしたら良いか」をテーマに講演。「忙しいからと、ガン健診を受けないのはもってのほか。自分の命を大切に」身近に起こり得る病気に、参加者一人ひとりがその言葉の重みをしっかりと捉えていた。
【安全衛生研修会で挨拶する寺井恵太朗会長】

山城エリアガイド
プレゼントコーナー


洛南タイムス
購読申し込み
会社概要
広告案内
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権
トップページ



企業&商店情報トップへ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109 FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。