京都:山城地方のニュースをお伝えします

やましろ企業&商店情報
2017年 1月 27日
RAKUNAN TIMES

プロから諸問題など学ぶ
宅建協会第六支部
ハトマーク研修会


 公益社団法人・京都府宅地建物取引業協会第六支部(野川正克支部長・会員350社)が13日、JR京都駅前の新・都ホテルで「平成28年度第1回第六支部ハトマーク研修会」を開き、宇治市、城陽市、京田辺市など5市6町1村の広域から、会員150人が参加した。
 研修会では、野川支部長が「本日は多数の会員の方々のご参加有難うございます。今日の研修会が実り多いものとなりますよう」と開会挨拶。
 研修は5部構成で、鴨川法律事務所の山ア浩一弁護士が1部で「日頃の業務の中で身近で気になる法律相談」をテーマに、実例(協会への売買・賃貸相談案件より)を用意した資料をもとに参加者に説明していった。
 休憩をはさみ、谷口元毅(公社)京都府宅地建物取引業協会副会長が協会本部からの報告を行った。
 2部は、京都府府民生活課防災消防企画課職員が「災害からの安全な京都づくり条例について」をテーマに参加者に説明。2部の補足説明を、(公社)京都府宅地建物取引業協会事務局の岡本哲夫参与が、京都府マルチハザード情報提供システムの活用法などを補足した。
 4部は、不動産キャリアパーソン講座の周知DVDを観賞。最後の5部は、野川支部長が「空き家問題対策について」をテーマに「空き家対策は12市町村全体の問題。これからも行政との関わりを密にして取り組んでいきたい」と結んだ。
 講演会終了後、田中利幸副支部長がこの研修が皆様の事業の指針になります事を――と、閉会の言葉で締めくくった。
【写真は開会挨拶する野川正克支部長】

山城エリアガイド
プレゼントコーナー


洛南タイムス
購読申し込み
会社概要
広告案内
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権
トップページ



企業&商店情報トップへ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109 FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。